本坊酒造メイン①

   本坊酒造 信州マルス蒸留所 ヤマ・ソービニオンで村おこし

日本独自のぶどう品種でつくる良質なワイン

 中央アルプスの駒ヶ岳山麓、良質な水と自然に囲まれた標高約800mの森の中にある本坊酒造信州マルス蒸留所は、ウイスキーの蒸留所として1985(昭和60)年に設立されましたが、近年はヤマ・ソービニオンによるワインづくりにも力を入れる注目のワイナリーです。
 信州マルス蒸留所のある宮田村は、かつてりんご栽培や稲作農家が主体の農村でした。しかし、高齢化や後継者難などを背景に、90年代初頭、「山ぶどうの里」とする話が持ち上がり、その主役となったのがヤマ・ソービニオンです。日本古来のヤマブドウとカベルネ・ソーヴィニヨンとの交配種で日本の気候に合い、欧州系のワイン用ぶどう品種より病害虫に強く、収量も安定しています。熱心な栽培農家の人たちとの二人三脚により、2000年にはワイン醸造もスタート。高品質なワインづくりは容易ではなかったものの、早くも2003年には「信州駒ヶ原ヤマソービニオン」が長野県原産地呼称管理制度の審査でも認定されるレベルに。以来、連続して同委員会の認定を受けながら、国産ワインコンクールやジャパンワインチャレンジなどでの入賞も次々と果たしています。

本坊酒造メイン②

ラインアップも年々充実

 水はけが良く、ぶどうづくりに適した扇状地にある宮田村で栽培されるぶどうを原料とする「信州駒ヶ原ヤマソービニオン」は、信州マルス蒸留所の自信作。カベルネ・ソーヴィニヨンのアロマを持ちながら、ヤマブドウの野性的で郷愁をそそる独特の風味が程よく楽しめるワインです。このほか、竜眼を原料にユニークな製法でつくる白ワイン「信州安曇平シュール・リー」など、多彩なワインづくりにもチャレンジしています。
 信州マルス蒸留所内には、ワインをはじめ、ウイス
キー、梅酒などの試飲・売店コーナーも併設されています。

本坊酒造 信州マルス蒸留所

所在地〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村4752-31
定休日年末年始                     平日が休みになる場合がありますので、       電話でお問い合わせください。
TEL0265-85-4633
FAX0265-85-4714
URLhttp://www.hombo.co.jp/company/kura/shinshu.html
E-Mailmars̠whisky@hombo.co.jp
ぶどうの種類
ヤマ・ソービニオン、竜眼
本坊酒造スペック横③
本坊酒造スペック横④
本坊酒造スペック横⑤

Shop[店舗]

営業時間9:00~16:00
定休日年末年始                        平日が休みになる場合がありますので、          電話でお問い合わせください。
TEL0265-85-4633
本坊酒造ショップ

Tour[工場見学]

営業時間9:00~16:00(最終見学受付時間15:30)
定休日年末年始                        平日が休みになる場合がありますので、          電話でお問い合わせください。
TEL0265-85-4633
本坊酒造見学
このワイナリーのウェブサイトへ