ホーム > 信州ワインバレー ワイナリーへ > 日本アルプスワインバレー

長野県のぶどう栽培の発祥の地日本アルプスワインバレー(松本市、安曇野市を中心とする地域)

松本から安曇野に産地が広がるエリア。長野県内のぶどう栽培の発祥の地といわれる場所がある、古くからぶどう栽培が盛んな地域です。ワイン醸造はナイアガラ、コンコード、デラウェア、巨峰など、生食用のぶどう中心に始まり、現在では欧州系の品種にも取り組んでいます。また、現在でも、ジュースやそのほかの果実酒を製造するところもあります。
ワイナリーが立地しない市町村も、日照時間が長く水はけが良いことからワイン用ぶどうの栽培に適しているところも多く、ワイン用ぶどうの畑が点在しています。また、桔梗ヶ原ワインバレーとの広域連携によるイベントなども行われています。