日本の固有品種を用いたワインが特徴天竜川ワインバレー(宮田村、松川町を中心とする地域)

中央アルプスと南アルプスに囲まれた盆地の中央に天竜川が流れ、その両側には河岸段丘や扇状地が連なります。これらの土地は水はけが良いことから、古くから果物の産地として知られてきました。
シャルドネ、メルローなどの欧州系のワイン用ぶどうのほか、ヤマブドウ系のヤマ・ソービニオンやヤマブドウなど、日本の固有品種を用いたワイン、果物を使ったリキュールなど、多彩な商品がつくられています。ワイナリーの誘致や栽培に適した品種の検討などにより、さらなる産地化が望まれます。