ホーム > 信州ワインバレー ワイナリーへ > 桔梗ケ原ワインバレー

日本のワイン産地の先進地桔梗ヶ原ワインバレー(塩尻市)

全国的に知られた産地、塩尻市桔梗ヶ原。老舗のワイナリーを中心に、小さなワイナリーが増えています。日本のワイン産地の先進地の一つとして、ナイアガラ、コンコードを中心に醸造する一方で、寒冷地では栽培が難しいとされていたメルローの栽培研究を重ね、県内に根付かせた先駆けです。その技術をもとにメルロー、シャルドネなどの欧州系の品種を植えてきました。近年特に温暖化によりワイン用ぶどうの生産に適した気候になってきています。
ワイナリーが共同でイベント出店・開催するほか、東京にアンテナショップを開いています。中でも循環バスでワイナリーを巡る「塩尻ワイナリーフェスタ」には、多くの観光客が訪れています。