マンズワインメイン①

   マンズワイン 小諸ワイナリー 定評ある高級ワイン「ソラリス」を生むワイナリー

ぶどう栽培の適地でつくる高級ワイン

 長野県東部の小諸市にあるマンズワイン小諸ワイナリーは、ぶどうの栽培から瓶詰めに至るまで、マンズワインの技術を結集して、プレミアムクラスのワインを生産する醸造所です。
 長野県は日本の中では降水量が少なく、日照が豊かで、一日の気温の変化の大きい地域です。1971(昭和46)年に醸造用ぶどう契約栽培を開始したマンズワインは、その栽培を通じて、中でも上田市や小諸市がぶどう栽培の適地であることを確信したと言います。日本は雨が多く、土壌がヨーロッパと違います。しかし、そのことをマイナスと考えず、日本でしかできない良質なワインづくりに励んでいます。国産ぶどう100%でつくられるプレミアムワイン「ソラリス」は、そんなマンズワインの基本姿勢から生まれています。

マンズワインメイン②

品種ごとにこだわりのテロワール選び

 ワインづくりに賭ける姿勢は、栽培畑へのこだわりにも表れています。年間気温の移り変わりを見ながら、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネなど、それぞれの品種に適した畑を選ぶこともその一つ。例えば「ソラリス 信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン」用のぶどうは、上田市の中でも塩田平東山地区の限られた畑で栽培されたもの。現段階ではこのエリアの約550mという標高、南向きの緩傾斜地が、カベルネ・ソーヴィニヨン種に最も適したテロワールであると考えるからです。
 浅間山や千曲川などの大自然に抱かれた周辺には、歴史ある街並みも数多く、ワイナリー見学と合わせて長野の魅力を堪能することもできます。

マンズワイン 小諸ワイナリー

所在地〒384-0043 長野県小諸市諸375
定休日年末年始、特別休日
TEL0267-22-6341
FAX0267-22-6336
URLhttp://www.mannswine-shop.com/winery/komoro/
E-Mailkomoro@manns.co.jp
ぶどうの種類
カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/浅間メルロー/シャルドネ/信濃リースリング/シャルドネ・ドゥ・コライユ/善光寺/ソーヴィニヨン・ブラン
マンズワインスペック横③
マンズワインスペック横④
マンズワインスペック横⑤

Shop[店舗]

営業時間9:00〜16:30
定休日年末年始、特別休日
TEL0267-22-6341
マンズワインショップ

Cafe/Restaurant[飲食]

名称La Comoro
営業時間11:00〜17:00(L.O. 16:30)
定休日年末年始、特別休日、冬季(12〜3月)
(予約の団体様は年中無休)
TEL0267-22-6343
備考団体様の場合は、事前にご予約ください。
マンズワインレストラン

Tour[工場見学]

営業時間9:00〜11:30、13:00〜15:30(所要時間約30分)
定休日年末年始、特別休日
TEL0267-22-6341
備考※見学、ワインの試飲は無料
 (「ソラリス」シリーズの試飲は有料)
※団体様の場合は、事前にご予約ください。
マンズワイン見学
このワイナリーのウェブサイトへ