ホーム > 買えるお店 > こだわりのお店紹介 > Vol.23 安曇野おみやげ処(安曇野アートヒルズミュージアム内)

こだわりのお店紹介

_TII9969-HDR

安曇野市Vol.23 安曇野おみやげ処(安曇野アートヒルズミュージアム内)

豊かな自然と美しいガラス
安曇野の思い出に長野県産ワインを

安曇野の山裾を走る通称「山麓線」周辺には、豊かな田園風景を借景とした飲食店やギャラリーが数多く点在します。
その山麓線沿いにある「安曇野アートヒルズミュージアム」は、エミール・ガレ美術館や吹きガラス工房、イタリアンレストラン「Quindici(クインディチ)」などを目当てに多くの人が訪れる観光スポットです。

敷地内には、美術館やレストランの入る本館のほか別棟が2棟あって、「ガーデンハウス」ではそばなど軽食をいただけるほか、旬の野菜や果物を販売しています。
もう1棟の「安曇野おみやげ処」には、地酒やワイン、そば、お菓子、漬物など、この地ならではのおみやげ品が並びます。

「2年前のリニューアルに伴って、お酒の売場面積がぐっと広くなりました」と話すのは、売場責任者の本堂真由美さん。
ワインの品ぞろえは、安曇野ワイナリーのほか、井筒ワインやアルプスなど桔梗ヶ原のものがそろいます。ボトルだけでなくカップワインも並び、旅のお供として手に取る人も多いとか。
同じく安曇野にある大雪渓酒造など日本酒も豊富にそろい、地酒とワインからおみやげを吟味することができます。

本館の美術館には、アール・ヌーボーを代表するフランスの工芸家であるエミール・ガレの作品を展示しています。
自然をこよなく愛し、動植物を独特の表現でガラスに定着させたガレ。安曇野の豊かな自然のなかで観るその作品には格別の趣があります。

本館のショップでは、美しいグラスも販売しています。ワインとともに持ち帰り、安曇野散策の余韻を味わってはいかがでしょうか。

(取材・文/塚田結子  写真/平林岳志)

_TII9948

地元、安曇野ワイナリーの品ぞろえが豊富

_TII9997

季節の果物を使ったソフトクリームが人気

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(右から)二木麻衣子さん、本堂真由美さん、宮崎真衣さん

住所:
安曇野市穂高有明8161-1
電話番号:
0263-83-5100(代表)
営業時間:
9~18時(軽食は30分前LO)
ただし1・2月は~16時、
11・12・3月は~17時
定休日:
美術館とレストランは火曜定休(8月は除く)
アクセス:
長野道安曇野ICから15分
URL:
http://arthills-museum.jp/
大きな地図で見る