ホーム > 買えるお店 > こだわりのお店紹介 > Vol.21 リカーハウスのもと

こだわりのお店紹介

_DSC3762

長野市松代Vol.21 リカーハウスのもと

「お客様に自信を持っておすすめできるように
ワイナリーを巡って知識を深めています」

明治28年創業のリカーハウスのもと。城下町の面影を残す長野市松代の中心部にあり、地元で長く愛されてきました。

「酒は文化だと思っています。だから、ただ販売するのではなく、つくり手の姿勢やこだわりなどのストーリーを商品とともにお客様にお届けしたい。そのために、ワイナリーや酒蔵を訪ねて勉強してきました。専門店として知識を深めたい、よりいい商品を見つけたいと思っています」

リカーハウスのもとで扱うワインは、カンティーナリエゾー、リュードヴァン、たかやしろファーム、楠わいなりー、ファンキーシャトー、サンクゼール、大和葡萄酒など。また、少し規模の大きなワイナリーからは、ぶどう畑の名を冠したような希少性のあるワインを心掛けて仕入れてきました。

一方、今年の長野県原産地呼称認定ワインの試飲会で強く感じたのは、全体のレベルが底上げされてきたこと。

「飲食店の方々のNAGANO WINEへの注目度も上がっていますし、生産量の少ないワイナリーの品を名指しでほしいと言われることも珍しくなくなりました。でも、いわばブランド化したワイナリー以外でも、かなりレベルの高いワインを出してきました。意外な発見があるので、ぜひ、いろいろ試していただきたいと思います」

その背景には、デイリーユースのワインだけでなく、質の高い、いわば「ハレの日」ワインを求めるお客様が増えてきたことを野本さんは肌で感じています。

ワインや日本酒のほか、エールをはじめバイツェン、ポーターなどの輸入ビールや、県産のクラフトビールも常時揃っています。野本さんはワインアドバイザーやSSI唎酒師の資格を持ちますが、ビールについては娘の葉月さんが担当。ビアソムリエのベーシック資格を取得し、ウイスキーコニサー資格認定に向けた勉強も始めて、頼もしいかぎりです。

取材時、店頭では梅酒を仕込むための日本酒や麦焼酎が陳列されていました。また、紹興酒を再仕込みした喜醸酒という特別酒なども目を引きます。訪れるたびに、どんな提案があるのか楽しみになるお店です。

「試飲もお勧めしていますので、来店時にはハンドルキーパーを連れておいでください」(野本さん)

 

(取材・文/平尾朋子  写真/平松マキ)

 

_DSC3782

酒専門店として自信を持っておすすめするNAGANO WINE

_DSC3793

シングルモルトスコッチなどハードリカーも揃う

_DSC3786

輸入ビールや県産クラフトビールなどにも力を入れている

_DSC3804
野本 道子(のもと みちこ)さん

1956年長野市松代町出身。リカーハウスのもと(有限会社 野本商店)は1895年創業。企業に勤務したのち結婚。3人の娘を育てながら実家の酒店を継承。売上の7~8割は飲食店向けで、NAGANO WINEの需要が伸びているのを強く感じている。ワインアドバイザー。SSI唎酒師。夫の野本勉社長(SSI唎酒師)、次女の葉月さん(ビアソムリエ)含めスタッフ6人で、酒類の勉強を重ねながら店舗運営している。

住所:
長野県長野市松代550-2
電話番号:
026-278-2057
営業時間:
9時~21時
定休日:
水曜日
アクセス:
長野駅から松代までバス便あり
大きな地図で見る