こだわりのお店紹介

DSC_0057

塩尻市Vol.14 笹屋酒店

地元塩尻産にこだわりぬいた品ぞろえ
お店オリジナルラベルのNAGANO WINEも

笹屋商店は、平成17年に塩尻市と合併した旧楢川村にあり、木曽路の玄関口に位置する宿場町、奈良井宿にあります。まるで江戸時代にいるような錯覚に陥る風情のある宿場町は重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、毎年多くの観光客が訪れます。笹屋酒店の建物も、手は入れられているものの、築180年創業は100年を誇ります。

お店に入るとすぐ正面に置かれている、宿場の様子を描いた切り絵ラベルのワインが目を引きます。「お店オリジナルのNAGANO WINEです。せっかくここまで来ていただいているので、何か奈良井宿らしいものをと、信濃ワインさんにお願いしてつくりました」と、店主の奥さま太田仁子さん。そして、その隣にあるのは「さるなしワイン」。楢川地区特産の果物で熟すとキウイに似た味になる、さるなしを地域の地場産業振興としてワインにしたもので、甘い口当たりが女性に人気だそう。こうした取り組みができるのも、市内に8社ものワイナリーを持つ塩尻市ならではです。

お店に置かれているワインはすべて地元塩尻産のNAGANO WINEというこだわりの品ぞろえ。「観光のお客さまにも徐々に認知されてきていることや、地元のお客さまにも好評で取扱いは年々増えています。全国的にも有名な塩尻産のNAGANO WINEがすべて買える品ぞろえを目指して、少しずつ商品を増やし置く場所を広げてきました」と、現在ではお店の3分の1近くを占め、種類も60種以上になります。その甲斐あってか、買われたお客さまがNAGANO WINEを送ってほしいということも。リピートも増えてきたと言います。さらに「価格帯の商品構成を考えて、品ぞろえの幅を広げていきたい」と意欲的です。

DSC_0066a

旧中山道の宿場町で、国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定されている奈良井宿。入り口にはお店の名前とともに屋号が掲げられ、中は往時の趣が色濃く残されています

DSC_0065

切り絵を使ったラベルは、お店オリジナルのNAGANO WINE。信濃ワインに特注しています。雰囲気あるボトルは人気の一品です

DSC_0075
太田 仁子さん

ご主人の祐司さん、お母さまのミヨ子さんと3人で100年続く老舗を守ってきました。2000年頃から、通常の酒店とは違う地元にこだわった品ぞろえをコンセプトに。2012年に1年の講習を経て「塩尻観光ワインガイド」の資格を取得しました。

住所:
長野県塩尻市奈良井381
電話番号:
0264-34-3020
営業時間:
8:30~18:00
定休日:
月曜日
アクセス:
奈良井駅から徒歩5分
URL:
http://www.naraijuku.com/2010/10/post-40.html
大きな地図で見る