ホーム > 特集 > ワインのつくり手を訪ねて > Vol.38_2 cave hatano(カーヴ ハタノ)

ワインのつくり手を訪ねて

雪景色に包まれるcave hatanoの建物外観

東御市Vol.38_2 cave hatano(カーヴ ハタノ)波田野 信孝さん

「まんまる農家」が自家醸造をスタート、ワイナリーとして歩み始めます

雄大な景色を望む
小さなワイナリー

Man Malu Noka(まんまる農家)としてワインぶどうを栽培し、委託醸造でワインを作ってきた波田野信孝さんが2017年8月、cave hatano (カーヴ ハタノ)を立ち上げて、醸造を開始しました。2018年11月に初リリース予定です。

醸造所のほかショップ・カフェスペースを備える計画で、お客様を迎え入れることができるのは、2019年春頃になりそうとのこと。目の前をさえぎるもののない丘陵地にあり、大きな窓の向こうに蓼科山麓の雄大な景色が広がっています。ここでワインをいただくのは、最高の気分に違いありません。

取材時は真冬の農閑期で、自分でコツコツと内装を仕上げていました。おしゃれでシンプル、温かい手作り感のあるカフェになりそうで、オープンの日が待ち遠しくなります。

波田野さんは、2006年に開業3年目のヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリーに就職。バイトをしては全国を旅して回る暮らしのなかで、ヴィラデストオーナーの玉村豊男さんの著作に出会い、本人を訪ねたのがご縁になりました。ヴィラデストからの眺めに、「景色がデカイ、こんなところがあるのか」と感動し、移住を決めたといいます。

それからわずか10年余、雄大な景色のなかに自らのワイナリーがスタートしました。

_DSC3938_p

醸造が始まったカーヴハタノ。ショップ・カフェは、波田野さんが自分でこつこつと内装を仕上げている

醸造が始まったカーヴハタノ。ショップ・カフェは、波田野さんが自分でこつこつと内装を仕上げている

さえぎるもののない丘陵地に立つワイナリーからの景色
_DSC3970_p

ヴィラデストに委託醸造したまんまる農家のワイン。カーブハタノとしての新しいエチケットはデザイン中

ヴィラデストに委託醸造したまんまる農家のワイン。カーブハタノとしての新しいエチケットはデザイン中

樹齢を重ね
品質の安定したシャルドネとメルロ―

「こんなに早くワイナリーを持てるとは思っていなかった」という波田野さん。
「ヴィラデストで7年間、栽培・醸造に携わったという以外には、資金も信用もない。そんなゼロの状態からでもワイナリーを設立できるという見本になって、新しく参入する人たちを元気づけたい」と語ります。
なお、ワイナリー建設資金としては、一口10万円のワイン会員を募り、目標の100口をすでに達成しています。

ワイナリーとしての初リリースが待たれる2018年秋。初とはいっても、ヴィラデストの契約農家から畑を任されて自家農園を持ったこともあって、主力のシャルドネとメルローの樹齢は15年以上。樹齢の若いブドウで醸造せざるを得ない新規参入者のなかで、堂々の安定感です。

「2017年は本当にいいぶどうができました。今まで、ヴィラデストの醸造責任者・小西超さんのお力を借りて委託醸造していたのが、これからは独力で醸造。楽しみな反面、質を落とさないようプレッシャーを感じています」

土地に適した品種こそ
テロワールへの道

これまでの経験から、標高800メートルの畑は寒冷なため、メルローの適地とはいえないことに気付きました。そこで、ピノ・グリやゲヴェルツトラミネールなど比較的寒冷地に向くアルザス系の品種を増やしています。

「自分の好みで何を作りたいというのではなく、土地にあう品種を育てることが大前提。その上で、醸造によって品種の特長を最大限に引き出す。それでこそ、テロワールが醸し出されると思います」

波田野さんは、YO農会の一員。東御市横堰地区の熱心な若手農家6人のグループであり、それぞれが有機肥料・減農薬で野菜、米、和牛、ワインぶどうを生産しています。
すぐ近くには、チーズで有名なアトリエ・ド・フロマージュがあり、「この界隈には、いい食材が揃う。いずれ、地元で採れたものをワインと一緒に楽しんでいただけるようにしたい」 さらなる構想に期待が膨らみます。

(取材・文/平尾朋子  写真/宮崎純一)

真新しい設備のなか、これからのワイン造りの抱負を語る波田野さん

真新しい設備のなか、これからのワイン造りの抱負を語る波田野さん

_DSC3892_p
波田野 信孝さん(はたの のぶたか)

1983年、埼玉県鴻巣市出身。2006年にヴィラデストに就職。栽培・醸造に従事し、2009年に主任。2013年に独立してヴィンヤードの「Man Malu Noka」となり、委託醸造でファーストヴィンテージをリリース。2017年8月、念願のワイナリー「cave hatano」を立ち上げて、醸造をスタート。


✴︎ワインの注文はメールかファックスで
nobutaka@c-hatano.com
Fax 0268-55-7412

cave hatano(カーヴ ハタノ)

所在地 長野県東御市新張525-9 
TEL 

特集