ホーム > 味わうお店 > こだわりのお店紹介 > Vol.52 オイスタープリュス

こだわりのお店紹介

_DSC1885

長野市Vol.52 オイスタープリュス

1年を通して、産地直送の牡蠣が長野で味わえる

オイスターバーが、海なし県、長野にあります。2013年6月に長野市にオープンしたオイスタープリュスです。年間を通して、常時5~10種の産地の違う牡蠣がそろい、夏場はさらにプラスして2~3種の岩牡蠣が味わえます。

店内に貼られた日本地図を見ると、九州から北海道まで各地に牡蠣の名産地があることがわかります。産地によって大きさも味もまったく違うので、産地を変えた3種盛や5種盛で、自分好みの牡蠣を探すのも牡蠣を食す面白さです。

「松本からお客様がいらして、今まで新潟まで牡蠣を食べに行っていた、長野に牡蠣専門店があるのがうれしいと喜んでくださったんですよ」

オープンして3年。「いまだに類似の店が出てきませんね。マネするのは難しいだろうと思います」という丸山義正さん。オイスタープリュスをはじめとする飲食店を展開するハイフィールズの総料理長です。安心・安全でおいしい牡蠣を常時提供していると胸を張ります。

厚生労働省認定起案の検定検査を受けた安全な牡蠣のみを仕入れ、ノロウイルス対策も万全。調理器具もマニュアル化した最適な方法で殺菌・消毒。スタッフは徹底した衛生管理を叩き込まれています。

1年を通しておいしい牡蠣を仕入れるのは、大変なこと。同店のスタッフは産地に出掛けて、生産者や流通業者と信頼関係を深めてもいます。

「実際に現地を訪ね、養殖場や作業場を見てきています。東日本大震災の被災地、宮城県女川町の生産者の方を総料理長が訪ねて、直接仕入れをしています。私たちスタッフも、微力ながら復興支援になると喜んでいるんです」

そう言うのは、ホール担当の原田奈月さん。
「牡蠣以外にも、ヘソホヤなど三陸産の海の幸を味わっていただけます」
そのほか、もちろんみゆき豚や地元野菜など、長野県産食材がフードメニューに並んでいます。

原田さんは牡蠣もワインも大好きで、現在、ソムリエ資格取得を目指して勉強中。ワインの仕入れは、NAGANO WINEに詳しい北村酒店から。
通常は手に入りにくいワイナリーのNAGANO WINEが入荷していることも少なくないとか。グラスワインは白と泡をメインに常時7種ほどそろえています。

「お好きなワインを持ち込んでいただいて構いません」
なんとオイスタープリュスはBYOが可能なお店です。
ひとり650円(税別)で、好きなワインを持ち込むことができ、産地直送の牡蠣と共に味わえる、奇跡的なお店です。

(取材・文/平尾朋子  写真/平松マキ)

_DSC1881

_DSC1899

場所は宝石店「一真堂」の入るビルの地下1階。まるで海の底にいるような落ち着いた雰囲気

_DSC1887

さあ、今夜はどの産地の牡蠣をいただこうか

_DSC1905

左からWa Yawata、はすあみふぁーむ、楠ワイナリー、Kidoワイナリー、ヴォータノワイン、マンズワイン小諸ワイナリー

_DSC1914

三陸産真牡蠣のオイスタープラッター(10ピース3200円)

_DSC1934
原田 奈月さん

1982年千葉県南房総市出身。学生時代に飲食店でアルバイトをし、接客の面白さを知って飲食店業界へ。軽井沢のホテルで働いていた時に夫と知り合い、5年前、結婚と同時に夫の郷里である長野へ。現在は自分で味わった正直な感想をもとにお客様にワインや料理をおすすめしており、目下、ソムリエ資格に挑戦中。趣味はフラメンコ。

住所:
長野県長野市北石堂町1427
電話番号:
026-217-1983
営業時間:
17時~23時(日祝は~22時)
定休日:
なし
アクセス:
長野駅から徒歩5分
大きな地図で見る

味わうお店