ホーム > 味わうお店 > こだわりのお店紹介 > Vol.49 ナガノワインとうす焼きのお店 まめまめ

こだわりのお店紹介

_DSC1058

松本市Vol.49 ナガノワインとうす焼きのお店 まめまめ

飲んでみたかったワインに
グラスで出会える貴重なスポット

面積6坪のスタンディング式の店舗には、誰もが気軽に立ち寄れます。セルフのワインサーバーに、8本のNAGANO WINEがスタンバイ。その銘柄を見れば、KIDOワイナリー、リュードヴァン、楠ワイナリーなどが……。

グラスはもちろん、ボトルでも入手しにくいワインが並ぶのに驚かされます。しかも取材用に特別に用意したものではなく、できるだけ誰もが「飲んでみたい」ワインを順次、入れているのだとか。

「個人的にもNAGANO WINEが大好きですし、地産地消というコンセプトからも、皆さまにもっと親しんでいただきたいと思っています。
しかし、NAGANO WINEは、今はまだ生産量が少ないものも多く、単価は輸入ものに比べて高くならざるを得ない。
そこで、ワインサーバーを導入してコストを最小限に抑え、手頃な価格でいろいろな種類を味わってもらおうと思ったんです」

そう言うのは「まめまめ」オーナーであり信州蕎麦ラウンジ「くりや」とバー「カンティーナわん」を経営する株式会社エルドラドの代表、砂子慎哉さん。
イタリア式新型ワインサーバーは、窒素充填で抜栓後のワインの品質を保ちます。さらにセルフ、スタンディングというスタイルを組み合わせて、NAGANO WINEを試飲量でのグラス販売を可能にしました。

ワインをセレクトしているのは、ソムリエの上條晃子さん。3店舗のワインに目配りし、普段はカンティーナわんでバーテンダーを務めています。

「日頃おつき合いのあるワイナリーさんや酒販店さんに本当によくしていただいでるおかげで、仕入れられるものも多く、まめまめのワインのラインナップはお客様にいい意味で驚かれています」

まめまめの店長は、奈川渡ダム近くで「うすやきカフェ豆まめ」を9年間営んできた丸山則文さん。もともとお店のファンだった砂子さんが松本への移転を誘い、NAGANO WINEとうす焼きの店が2016年4月にオープンしました。

郷土食のうす焼きを丸山さんがアレンジし、レシピは80種以上。旬の食材に合わせて、常時6~8種を揃えます。もちろん、地粉と地元の野菜や豆を使用。丸山さんが焼き上げたうすやきは甘さ控えめ、ワインにぴったりです。
うす焼きのほか、清水牧場のチーズ、山辺ワイナリーの枝つき干しぶどうなど、地元の希少な名品も味わえます。

(取材・文/平尾朋子  写真/平松マキ)

_DSC1096

木のぬくもりを活かした店内で「ワインを味見する」感覚が楽しい。うす焼き(1枚180円)は、80種以上のレシピから常時6~8種を焼く。テイクアウト可。夏場はかき氷も登場。

_DSC1112

8本並ぶワインサーバーで、希少なNAGANO WINEに出会う可能性大。取材当日は、Kidoワイナリー、楠ワイナリー、リュードヴァンなど。テイスティング量からセルフで購入できる(グラス1杯200円~)。別途、県産ではない「本日のがぶ飲みワイン」(グラス500円・ボトル2600円)もあり

_DSC1098

ベーコン・チーズ・黒コショウ、りんご・シナモンのうす焼きなど、どれもワインに合う。見た目よりボリュームがあり、軽い食事替わりにもなる

_DSC1061

国道143号沿い、女鳥羽川にかかる橋の南側に立地。縄手通りや四柱神社にも近く、観光や散策しながら立ち寄るのに便利

_DSC1090
上條 晃子

1989年松本市出身。2011年に株式会社エルドラド入社。「くりや」でサービスを担当しながら、NAGANO WINEに関心を持ち、2015年にソムリエ資格取得。ワイナリー巡りに労を惜しまない。日頃は「カンティーナわん」のバーテンダー。「まめまめ」のワインサーバーは自動で温度管理されてはいるが、毎日、店舗を訪れて状態を確認している。

住所:
長野県松本市中央3-11-5
電話番号:
0267-87-6624
営業時間:
10時~20時
定休日:
水曜
アクセス:
JR松本駅より徒歩10分
大きな地図で見る

味わうお店