ホーム > 食とともに > ワインと料理 > Vol.32 大根と鶏手羽のピリ辛煮

ワインと料理

レシピ提供
中華菜竹房エレミヤ 宮川 ゆかりさん
2014 FebruaryVol.32 大根と鶏手羽のピリ辛煮

DSC_0047c

材料(4人分)

長野県食材
大根・・・1/2本
飯山市なべくら高原産使用。この地域はブナの森が生み出す豊かな水などによって、おいしい野菜が育まれています。
鶏手羽元・・・8本
「信州ハーブ鶏」を使用。天然ハーブを飼料に配合しているため、鶏肉独特の臭みやえぐみがなく、風味豊かな鶏肉に育てられています。
栗・・・皮をむいたもの適量
飯島町産使用。近年では上伊那地域でも栽培基準などを設けて「信州伊那栗」としてブランド化に力を入れています。
他の材料
  • 長ネギ・・・少々
  • ショウガ・・・少々
  • ニンニク・・・少々
  • 豆板醤・・・大さじ1
  • オイスターソース・・・大さじ3
  • 紹興酒・・・1/2カップ
  • 水・・・100cc
  • みりん・・・大さじ1
  • サラダ油・・・適量
  • ゆでたチンゲンサイ・・・適宜

合うワイン

まろやかな白ワイン

鶏肉や大根などそれぞれの味がたっぷりしみ込んだこの料理には、まろやかな白ワインがおすすめです。

  • シャルドネ(樽熟成)など

 

ー ワイン監修 ー
長野市 セラーキタムラ店主
シニアワインアドバイザー 北村 秀雄さん

作り方

  1. 大根は食べやすい大きさに切り、長ネギ、ショウガ、ニンニクは包丁で叩いてつぶしておく。
  2. 鍋にサラダ油を弱火で熱し、長ネギ、ショウガ、ニンニク、豆板醤を炒めて香りを引き出してから、鶏肉、大根、栗を加える。
  3. 全体に焼き色がついたら、オイスターソース、紹興酒、水を加えて強火にしてふたをする。沸騰してきたら火を弱め、30分程度煮込む。
  4. 焦げないように様子を見て、煮汁が少なくなってきたら、みりんをまわし入れて照りよく仕上げる。
この料理のおすすめポイント

時間をかけて煮込んだ鶏肉は骨離れがよく、とってもやわらか。厚手の鍋を使うことをおすすめします。                                     今回は、チンゲンサイを添えましたがお好みでお使いください。

このレシピを考えてくれたのは


中華菜竹房エレミヤ オーナーシェフ宮川 ゆかりさん

1995年に長野市しまんりょ小路に中華厨房エレミヤをオープン。2005年同市小柴見に現在の中華菜竹房エレミヤ(完全予約制)を移転オープンし、地場産野菜をふんだんに使用したヘルシーな中華料理を探求し続けている。
    

お店の情報を見る
本人トリミング