ホーム > 食とともに > ワインと料理 > Vol.33 春餅(チュンピン)

ワインと料理

レシピ提供
中華菜竹房エレミヤ 宮川 ゆかりさん
2014 FebruaryVol.33 春餅(チュンピン)

DSC_0075c

材料(4人分)

長野県食材
卵・・・2個
「信州のたまご」を使用。鶏の健康に配慮して、飼料は牧草、乳酸菌やハーブエキスなどを加えています。卵臭が抑えられ、味の濃さ、コクの深さがあります。
ニンジン(細切り)・・・適量
飯田市座光寺地区産を使用。養分を蓄えた土壌作りに緑肥を活用し、安全で通年供給できるニンジン栽培を実現させています。
キュウリ(細切り)・・・適量
飯田市産「ミネラルキュウリ」を使用。地下水を使い、化学肥料は一切使用せずに栽培しています。見た目にも美しいことなどから野菜ソムリエサミット2013で大賞に輝いた逸品。
クルミ・・・50g
上田市産「シナノクルミ」を使用。クルミ生産量は長野県が全国1位。シナノグルミは殻があまり固くないので割りやすく、ほのかな甘みとコクが特徴です。
豚肉・・・150g
「信州SPF豚」を使用。豚の成長に合った栄養バランスのとれた「飼料」を食べて健康に育つため、獣臭がほとんどなく、脂肪は白くあっさりしています。
他の材料
  • [餅(ピン)生地 約15枚]・・・
  •  薄力粉・・・1/2カップ
  •  水・・・1カップ
  •  ごま油・・・小さじ2
  •  塩・・・ひとつまみ
  •  サラダ油・・・適量
  • [具材]・・・
  •  レタス(細切り)・・・適量
  •  セロリ(細切り)・・・適量
  •  長ネギ(細切り)・・・適量
  •  錦糸卵・・・卵1個分
  • [クルミの味付け]・・・
  •  水・・・大さじ1/2
  •  砂糖・・・大さじ1
  •  しょうゆ・・・大さじ1/2
  • [豚肉の味付け]・・・
  •  紹興酒・・・適量
  •  片栗粉・・・適量
  •  甜麺醤・・・大さじ3
  •  しょうゆ・・・小さじ1
  •  サラダ油・・・適量

合うワイン

白ワイン全般

餅(ピン)のほのかな甘さや野菜のミネラル感など、色々な味わいが楽しめるこの料理には、白ワイン全般と合います。酸味がやわらかめな白ワインだと、それぞれの野菜の味が引き立ちます。

  • シャルドネ
  • ピノ・ブラン
  • 竜眼
  • セミヨン
  • リースリング など

 

ー ワイン監修 ー
長野市 セラーキタムラ店主
シニアワインアドバイザー 北村 秀雄さん

作り方

  1. 薄力粉に水、ほぐした卵、ごま油、塩を加えてよく混ぜ合わせ餅(ピン)生地をつくり、室温で30分寝かせる。
  2. フライパンにサラダ油を薄くひき中火で熱して一度火から下ろす。 おたまで生地を流し入れ円形に薄くのばしてから再び中火にかけて両面を軽く色が付くぐらいに焼く。
  3. ②の作業を繰り返して餅(ピン)つくり、器などにひろげて冷ましておく。
  4. クルミは包みやすい大きさに砕き、から煎りするか、または電子レンジで約1分30秒かけて湿気を飛ばす。フライパンにくるみの味付けの材料を入れて中火で熱し、カラメル状になったところへクルミを加える。全体によくからまったら、器などに移して冷ます。
  5. 豚肉は細切りにして紹興酒と片栗粉をふりかけてもむ。サラダ油を熱したフライパンでよく炒めて、肉汁が透明になったら甜麺醤としょうゆを入 れて味がよくなじむように炒め合わせる。
  6. 餅(ピン)に、クルミ、豚肉や他の具材をお好みでのせて包む。
この料理のおすすめポイント

春餅は中国の北部の伝統的な料理で、普段でも家庭で作られていますが、特に立春を祝って食べられています。             餅(ピン)の生地はじっくり寝かせることで、もっちりとした食感になります。具材はお好みでいろいろ試してみてください。

このレシピを考えてくれたのは


中華菜竹房エレミヤ オーナーシェフ宮川 ゆかりさん

1995年に長野市しまんりょ小路に中華厨房エレミヤをオープン。2005年同市小柴見に現在の中華菜竹房エレミヤ(完全予約制)を移転オープンし、地場産野菜をふんだんに使用したヘルシーな中華料理を探求し続けている。
    

お店の情報を見る
本人トリミング