ホーム > 食とともに > ワインと料理 > Vol.31 チンジャオロース

ワインと料理

レシピ提供
中華菜竹房エレミヤ 宮川 ゆかりさん
2014 FebruaryVol.31 チンジャオロース

DSC_0056c

材料(4人分)

長野県食材
ピーマン・・・2個
飯田市産「ガブリエル」を使用。近年栽培されるようになったカラーピーマンの一種で、「ガブリ!」と生で食べることができるからその名がつきました。
牛肉・・・モモ肉300g
「信州牛」を使用。肉質・脂質・霜降りのバランスに優れ、とろけるようなやわらかさ、まろやかな甘みと香りを味わうことができます。
他の材料
  • 紹興酒(まぶし用)・・・大さじ1
  • 片栗粉(まぶし用)・・・大さじ1
  • サラダ油・・・適量
  • [A]・・・
  •  紹興酒・・・大さじ1
  •  オイスターソース・・・大さじ2
  •  薄口しょうゆ・・・大さじ1/2
  •  白こしょう・・・少々

合うワイン

程よい渋味のある赤ワイン

上品な味に仕上がっているこの料理の野菜の風味と肉のコク、うま味には、優しく程よい渋みのある赤ワインがよく合います。

  • カベルネ・フラン
  • メルロー
  • シラーなど

 

ー ワイン監修 ー

長野市 セラーキタムラ店主
シニアワインアドバイザー 北村 秀雄さん

作り方

  1. ピーマンと牛肉を細切りにする。牛肉は紹興酒をからめてから片栗粉を全体にまぶす。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、中火で牛肉をほぐしながら均等に火を通すように炒める。色が変わり始めたらすぐに容器などに取り出しておく。
  3. そのままフライパンにサラダ油を少し加えて熱し、ピーマンを入れて強火で炒める。
  4. [A]と牛肉を加えて全体がよくからみ合って少ししんなりするまで炒め合わせる。
この料理のおすすめポイント

薄口しょうゆを使うことによって、素材を引き立たせながら、穏やかな味わいに仕上がります。材料の大きさをそろえて切ることで、見た目の美しさと食感がさらに良くなります。

このレシピを考えてくれたのは


中華菜竹房エレミヤ オーナーシェフ宮川 ゆかりさん

1995年に長野市しまんりょ小路に中華厨房エレミヤをオープン。2005年同市小柴見に現在の中華菜竹房エレミヤ(完全予約制)を移転オープンし、地場産野菜をふんだんに使用したヘルシーな中華料理を探求し続けている。
    

お店の情報を見る
本人トリミング