ホーム > 食とともに > ワインと料理 > Vol.26 チャーハン風の春菊ごはん

ワインと料理

レシピ提供
中華菜竹房エレミヤ 宮川 ゆかりさん
2013 DecemberVol.26 チャーハン風の春菊ごはん

DSC_0014c

材料(4人分)

長野県食材
春菊・・・1/2束
「サラダ春菊」を使用。葉は濃緑で葉肉は厚く、通常のものよりアクが少なく、生でも食べられます。
炊きたてのご飯・・・1.5合
野沢温泉村「野沢産コシヒカリ」を使用。肥沃な土壌と清流、そして合鴨農法によって育まれ、もちもちして冷めても硬くなりません。米.食味鑑定士協会よりダイヤモンド褒賞受賞。
他の材料
  • 桜エビ・・・10g
  • 塩・・・小さじ1
  • 白こしょう・・・少々
  • 卵・・・2個
  • サラダ油・・・大さじ2

合うワイン

酸味の穏やかな清々しい白ワイン

春菊の爽やかな青さには、ハーブの香りや清々しいミネラル感を持つ白ワインが合います。繊細な果実香の竜眼などもおすすめです。

  • ソーヴィニヨン・ブラン、
  • 竜眼 など

 

ー ワイン監修 ー
長野市 セラーキタムラ店主
シニアワインアドバイザー 北村 秀雄さん

作り方

  1. 春菊は葉と茎に分け、茎はみじん切りにしてゆで、ざるにあげて水気をきっておく。
  2. 春菊の葉、桜エビ、塩、白こしょう、卵を約10秒ミキサーにかける。
  3. サラダ油を熱したフライパンに②を流し入れ、中火で卵に火が通るまで絶えずかき混ぜる。
  4. 炊飯器の炊きたてのご飯に③を加えてよく混ぜる。食べるときに①の春菊の茎を散らす。
この料理のおすすめポイント

ミキサーを使って簡単に失敗なくできる、炒めないチャーハンです。春菊の香りは、卵といっしょに使うことでやわらぎ、ほどよいアクセントになっています。鮮やかな色合いもあって、おもてなし料理としても重宝します。

このレシピを考えてくれたのは


中華菜竹房エレミヤ オーナーシェフ宮川 ゆかりさん

1995年に長野市しまんりょ小路に中華厨房エレミヤをオープン。2005年同市小柴見に現在の中華菜竹房エレミヤ(完全予約制)を移転オープンし、地場産野菜をふんだんに使用したヘルシーな中華料理を探求し続けている。
    

お店の情報を見る
本人トリミング