ホーム > 食とともに > ワインと器 > Vol.1 三谷龍二さん

ワインと器

bowl0101

Vol.1 三谷龍二さん木工デザイナー/松本市在住

テーブルを囲んで楽しむ食事とワイン
幸せな生活の情景に器づくりでかかわれるのがうれしい

松本市中心部からクルマで10数分。りんご畑と雑木林が広がる丘の中腹に工房を構えているのは、木の器づくりに長年取り組んでいる木工デザイナーの三谷龍二さんです。

bowl0102

ファッションデザイナーの皆川明さんとのコラボレーションでつくったピクニックセット

暮らしの実感に根差した作品づくりをする三谷さんは、生活の楽しみ上手でもあります。手製の料理に合わせてお酒をチョイスするのもその一つ。この日もドライトマトとバジルをささっとブルスケッタに、そして赤ワインを薪ストーブで温めます。

「ワインは実に種類が豊富。そこが食文化として素晴らしい。いろんなワインを飲めば、あちこち旅をしている気分にもなる。信州にはおいしいワインや日本酒が多く、地産〝地消〟に積極的に貢献しています(笑)」

仕事の手を休めて昔ながらの風景が残る工房周辺を歩いたり、野外でランチを楽しむ日もあるそうですが、そんな中から生まれたのがピクニックセットです。

木には野外のイメージがあると考えて、フォークとスプーン、パン皿、グラスはすべて木製。確かにこんなセットとワインを持参すれば、いっそう気分の弾むピクニックとなるに違いありません。

工房の窓から見えるのは、四方に枝を伸ばすりんごの木を前景に、稜線が連なるはるかな山並み。松本に住まいと仕事場を構えて30年余り。生活の中での使い勝手と美しさを追い求める三谷さんの仕事を、信州の自然と穏やかな空気がそっと支えています。

最後に仕事のやり甲斐を一言。

「食事をしたり、ワインを飲んだりしながら家族や仲間と囲む食卓は、幸せな生活の姿。そこで私の器が使われるとしたらうれしいですね」

bowl0103

ドライトマトのオイル漬けとバジルを載せたバゲットをつまみながら赤ワインを楽しむ

bowl0104

寒い季節は、薪ストーブの上で温めてホットワインに。木に漆を施したカップは液体も入れられるし、手に熱が伝わりにくく使いやすい

bowl0105

暮らしに根付いた器づくりの原点、バターケース。シンプルで実用的だが温かみのあるデザイン

bowl0106

木工の工房。明るく整然とした空間自体が作品のよう

bowl0107

2カ所ある工房の一つ、漆工房で梅皿を制作中の三谷さん

三谷 龍二(みたに りゅうじ)

木工デザイナー。1952年福井市生まれ。1981年、松本市に工房ペルソナスタジオ開設。ふだんづかいの木の器づくりで木工の世界を広げる。全国で個展を多数開催。「クラフトフェアまつもと」「工芸の五月」(松本市)の発足当初から運営に携わり、工芸と暮らしを結び付ける活動も続けている。2011年に作品の常設展示と他の作家との個展などを開催するギャラリースペース「10センチ」をオープン。2013年、瀬戸内生活工芸祭(高松市)総合ディレクション。主な著書:『木の匙』『僕の生活散歩』(新潮社)『三谷龍二の10センチ』(PHP研究所)など

bowl0108

作品を購入できる場所
「10センチ」
住所:長野県松本市大手2-4-37
電話:0263-88-6210
http://www.mitaniryuji.com